あなたに救える、佐賀の森林があります。

佐賀県の森林面積は約45%で、そのうち人工林比率は約67%と、人の手により植栽された森林としては全国一位です。高齢化が進み手入れが行き届かない荒廃林が増え続けている中、有明海の環境保護や維持はその源である佐賀県の森林(もり)を守ることこそ大切なことだと信じています。こだまの富士(さと)倶楽部では佐賀県産ヒノキの間伐材を「浮きこ」として利用したヒノキ風呂を通して、間伐材の利活用推進に取り組んでいます。

森林(もり)を想い、森林(もり)を守る。そんな“もりびと”が、もっともっと増えてほしい。

​そんな想いで、この度寄付を頂いた皆様に、ご自宅で楽しめる「浮きこ」をお届けいたします。まるで森林の中にいるような、木の香が漂うご自宅のお風呂から、森林の保全と未来について、考えて頂くきっかけになれば幸いです。

 

Copyright©2016 「こだまの富士(さと)倶楽部」 All rights reserved