平成28年1月7日から、毎週木曜日はヒノキ風呂を楽しめる「佐賀県のちょっと木になる木曜日」を企画。佐賀県内の、賛同していただいた旅館でヒノキの浮きこが浮かんだ「ヒノキ風呂」をお楽しみいただけます。
この「浮きこ」は、森林(もり)の環境を護るために切り出される佐賀県内のヒノキの間伐材を利用しています。
​同年2月には、富士町の山林見学と、木工の町諸富町にある飛鳥工房での木工体験、レグナテックさんでの家具見学等の「環境バスツアー」も開催しました。
佐賀県の森林面積は約45%で、その中で人工林比率は約67%と、人の手により植栽された森林としては全国一位です。
高齢化が進み手入れが行き届かない荒廃林が増え続けている中、有明海の環境保護や維持はその源である佐賀県の森林(もり)を守ることこそ大切なことだと信じています。

佐賀県のちょっと木になる木曜日

​協賛旅館のご案内

Copyright©2016 「こだまの富士(さと)倶楽部」 All rights reserved